シティボーイへの登竜門

 

「ひとりでスタバに行ってスムーズに注文できる」

 

これがシティボーイを名乗る上での最低ラインだと思ってる。

わかっていながら今まで敬遠していたひとりスタバ。

2017年も終わりを迎えつつある中、ついに男濱本

また一歩、真のシティボーイに近づきました。

 

これまでも、誰かと一緒になら何回かは行ったことのあるスタバ。

友達と行ったときは「なんでもいいからティーをおひとつお願いします!」と友達に注文して席で待ってるか、前の友達の注文を呪文として覚えてそれをそのまま復唱するスタイルで乗り越えてきたスタバ。

本当は俺も白いモリモリが乗ってるやつがいいのに、いつもそっけないコーヒーや謎のティーばかり飲んでいたスタバ。

何のティーかわかんないけど勇気を出して頼んだティーをストレートかどうか聞かれて「いやトールで!」と答えて静寂を生んだスタバ。

 

そんなスタバにかなりの苦手意識を持った俺に試練とも呼べる出来事が入社一年目の外出先で起こりました。

「ちょっとスタバでコーヒー買ってきて。」

上司から突然お金を渡されて思わず固まってしまう。

(スタバデ…コーヒー…カッテクル…)

半ば思考停止になりかけながらも、同期からの視線を感じ「わかりました!トールでいいですよね?」とこなれた感を演出する。

とにかく今は同期に俺がスタバビギナーであることをバレるわけにはいかない。

山から下りてきたゴリラだとバレてしまう。

「歩く拡声器」の異名を持つ同期からそんな扱いを受けてはたちまち噂が社内中に広まり、憧れのシティボーイなんて夢のまた夢だ。

俺の持ち合わせているスタバの知識と言えば「サイズはトールがベタ」ということくらいだ。

とりあえず困ったら「トールで!」と言えばいい。

入国審査ではサイトシーン、スタバではトールサイズ。

これさえ連呼してればあとは向こうが察してなんとかしてくれる。

大事なのは相手の目を見て常に堂々をすること。

少しでも怯んだ様子を見せると一気に呑まれてしまう。

ここはこういう世界だ。

俺はこの方法でアメリカの入国審査でとんでもない時間を要した。

とにかく怪しまれる前にパパッと済ませてしまうに限る。

ひとりになってしまえば注文時に多少もたつこうがバレないし。

 足早にその場を離れようとすると「お前らの分も買ってこい」と言われ、同期も一緒に行くことに。ガッデム。

(仕方ない、ここは同期に注文させて俺もそれに続こう…)

「私いらないから濱本さん頼みなよ!」

(?!?!??!)

なぜついてきた!!!!!

なぜ!!!

ついてきた!!!!!

もはや嫌がらせにしか思えないが、もう後には引けないので意を決してレジへ向かう。

「アイスコーヒー2つ。トールサイズで!」

「かしこまりました。」

(お、いけたか…?!)

「アイスコーヒーは濃いめと辛めにできますが、いかがいたしましょう?」

(What's happen??!)

まじで油断ならねえ。

こんな質問今まで聞いたことないよ。

進研ゼミにもこんな問題なかったじゃんか。

てか濃いめも辛めもどっちも濃ゆくない?!

なにこれもう全然優しくない!

コーヒーも質問も優しめがいいです…

「じゃあ…辛めでお願いします…」

(やられた…完全に呑まれた…)

コーヒーを受け取ると、同期がにやにやしながら駆け寄ってきた。

「私コーヒー飲まんからよくわからんけど、辛めのコーヒーとかあるの?軽めとかではなくて?」

「えっ」

(やーめーてえーーーー!!!!)

エルサさながらの悲鳴を心の中であげる。

その冷ややかな目をやめなさい。

少しも寒くないわ。

 

この日を境にスタバを避け続けてきました。

でもやっぱり2017年のうちに克服しておきたい…

そして今日、満を持してひとりスタバデビューしてきました。

緊張がバレないように澄ました顔でレジの列に並ぶ。

(トールサイズ、トールサイズ、トールサイズ…)

落ち着くように頭の中で念仏のように唱える。

幸い俺の順番まではまだ時間がある。

この間に周りを観察して相手の出方を見よう。

「お客様ー!」

(っべー!!!店員さんに話しかけられたー!!なぜか俺だけピンポイントで話しかけられたー!!なにここ会員制なの?一見さんお断りなの?違いますよ!見にきただけです!注文とかしないですから!サイトシーンです!サイトシーン!!)

「メニューご覧になりますか?」

(いやメニューあるんかーーーい!!!)

早く出せよ。それ1番最初に出せ。

自動ドアが開くや否や出せ。

いらっしゃいませと同時に出せ。

それさえあれば俺すげー安心すっから。

俺だけに渡されたことに若干納得がいかなかったけど、これさえもらえばもうこっちのもんよ。

メニューを開いたら絵が同じなのに違う名前の飲み物がいっぱいあったけど、もうそんなことはどうでもいい。

白いモリモリが乗ってればもうなんでもいいよ。

「これのトールサイズください。」

なにこれ。余裕じゃん。

 

こうして無事ひとりスタバデビューを終えて、またひとつシティボーイへの階段を登りました。

白いモリモリ、そんなに美味しくなかった。

 

おしまい

 

来世はフーターズガールになりたい

おすおす。

この前、友達とボルダリングコンに行ってきました。

ボルダリングコンっていうのはあれです、

ボルダリング勢からは「チャラチャラ遊びで壁登ってんじゃねえよハゲ!!」と罵られ、街コン勢からは「あんたたち本当に出会い求めてんの?!やる気ある?!」と非難されるあれです。

 

なんでそんな地雷臭しかしないものに参加することになったかというと、「もし道を歩いてて、めっちゃタイプの人からいきなり求婚されたらどうするか」っていう、常に背後に気をまわしておかないと、いつ後ろから刺し殺されてもおかしくないような会話をしてて、気付いたら申し込んでた、っていうかんじです。

 

ボルダリングコン、まじで想像できなさすぎる。

まあベタなところでいくと、男女で壁を登りながら

「お嬢さん、この掴みやすくてかわいい色の石はあなたにこそふさわしい。わたしにはこの申し訳程度に生えた石で十分です。さあ、遠慮はいらない。お掴みなさい。」

「まあ!なんて紳士なの!好き!結婚して!!」

「おっと、石を掴みに来たつもりが、どうやらあなたの心を鷲掴みにしてしまったようだ。はっはっは。」

ってことなんだろうけど、上手にできるかすげー不安。

 

一抹の不安を覚えながら会場に向かうと、最初にスタッフのお兄さんから「危ないので登るのはひとりずつです」と言われて心配は杞憂に終わりました。

(え、じゃあどこで紳士やればいいのよ…)って思ってるうちにあれよあれよと5、6人のグループに分けられ、スタッフのお姉さんから「じゃあ簡単に自己紹介して、みんなでピンクのコースをやってみましょう!」 と言われ、全然状況が掴めないまま自己紹介タイムに突入しました。

 

これくらいの状況を掴めないやつが壁から生えた石なんか掴めるのかって話なんですが(え、ピンクのコースなの?俺オレンジのとこがいいのに!俺だけ勝手にオレンジのコースやったら怒られるかなあー。)とか思ってたらすでに何人か自己紹介が終わってて焦る焦る。

ここは切り替えて目の前の自己紹介に集中するしかないと思った矢先、女の子が開口一番「奈良県から来ました!」とか言い出すので(そっか奈良かー、、、いやおめえずいぶん遠いとこから来てんな!!!!!)と心の中で荒ぶるカミナリのタクミくんをなだめてる間にラストの自分の番まで来て、結局奈良の女のせいで誰の名前も覚えれずに自己紹介タイムが終了しました。

幸い同じグループに一緒に行った友達もいたので、こっそり(あの女の人なんて名前やっけ?)と聞くと「忘れた。奈良の人ってことは覚えとる。ちなみに隣の人も奈良の人。」と言われて(いや奈良率!!!!!!!)ってなりました。

 

むしゃくしゃしたのでピンクのコースを終えるやいなや「じゃあここからは各自好きなところを登りましょう!!」と言ってひとりでオレンジのコースに一目散に向かいました。

自分のやりたいコースをひとしきりやり終えると、違うグループの上手いお兄さんを捕まえて「お兄さん、あそこの緑のコース登ってよ!自分じゃ絶対できんから誰かがやっとるとこ見たい。」と男の人ナンパしたりして、グループも性別も飛び越える自由奔放っぷりを見せてました。

なのに「同じ色の石じゃないとダメとか無理くない?!もう色無視してもいいでしょ!」とか言ってる女の子には「いやー、ルールは守らんと楽しくないでしょー。」とかほざいてました。

紳士どこ行った。

実際はどう見ても野生のチンパンジーでした。

現実は無情なり…

 

最後に連絡先交換タイムなるものがあったけど、まともに絡んだのはボルダリングが上手なお兄さんくらいだったので(暇だなー)とか思いながら少し離れたところで連絡先を交換する人たちを遠巻きに眺めるはめに。

まじで何しに来たんだこいつ。

そしたら近くに女の人(ボルダリングコンとは関係ない人)が座ってきて、なにやら話しかけてきたので、しばらくその人と会話することになりました。

けっこう話も盛り上がったし、なによりめちゃめちゃかわいかったのでよっぽど連絡先を聞こうかと思ったけど、歳を聞いたら元気に「5歳!」と言われたのでやめておきました。

 

運動したらお腹がすいたので、会場をあとにするとそのままフーターズへ。

フーターズのお姉さんに「2人は今まで何してたのー?」と聞かれたのでありのままを話したら「えー!それって楽しいのー?」って言うもんだから2人で声を揃えて言いました。

 

フーターズの方が100倍楽しい!!!」

 

おしまい

 

思い立ったが凶日

台風の日、テレビを見てたら体の免疫力を上げるには腸内環境を整えるのが大事って言ってて、俺の中の腸の女神に耳を傾けると「ヨーグルトをお食べなさい!」と強く叫んでいたので、買いに行くことにしました。

外はもうはちゃめちゃに風が強くて、傘を開くや否やそのまま流れるようにご臨終したので(おお…スーパーハリケーン…!!!)と思いながら変わり果てた姿の傘を右手にずぶ濡れでコンビニに向かいました。

ずぶ濡れゴリラの状態で入ったので、店員さんから明らかな敵意の眼差しを向けられたけど、そんなことはお構いなしにアイスを買ってお店を出ました。

完全に海馬がやられちゃってる。

コンビニ行った意味。

もうすでに全身ずぶ濡れだからこれ以上濡れても関係ないなと思って、せっかくのスーパーハリケーンを体感するべく少し遠回りをして帰りました。

アイス買ったんなら早く帰れよって思うけど、海馬がやられちゃってるので無理です。

雨風の音がすごかったので、負けじと大きい声でビートルズのLet it beを歌いながら帰りました。

ご機嫌で帰宅したら家が停電してて、たぶん右手の傘と同じ顔してたと思う。

お湯が出ないから風呂に入れず、冷蔵庫も効かなくなってるから身体を拭いて震えながらアイス食ってたら見事に風邪をひきました。

鼻水が止まんなくて次の日耳鼻科行って薬もらったんだけど、薬の副作用でお腹がグズグズ。

腸内環境が最悪になってしまった。

もう耳を澄ましても、腸の女神の声は聞こえません。

おしまい

バイトの先輩

大学生のときに飲食店でバイトをしていた。

シフトが曜日固定だったから一緒に入るバイトのメンバーもほぼ固定で、会ったことのないバイトの人もちらほらいた。

ある日店長から急遽助っ人を頼まれて普段とは違う曜日にバイトに向かうと、更衣室に入っていく知らない人を見かけた。

まだバイトに入ってから日が浅かったこともあり、おそらく先輩であろうその人にこちらから挨拶をせねばな、などと思いながら扉を開けると、目が合うなり開口一番「あ!知らない人だ!」と大きな声で思ったことを口にしていた。

これにはとても驚いた。

確かに彼にとって私は知らない人だろうが、この時間に更衣室で同じになるということは、まずバイトの人間で間違いないだろう。

それに店長からも助っ人が来る旨は聞いているはず。

にもかかわらずこちらに対して「あ!知らない人だ!」と言うのは、思ったことをすぐに口にしてしまう人なのかもしれない。

呆気にとられていると「急に知らない人が来たからびっくりしたわー!」と追い討ちをかけてきた。

慌てて自己紹介をすると、彼は一言「ふーん、そうなんやー。」とだけ言って更衣室から出て行ってしまった。

おい待て!!お前の名前は!!!

私は(あいつ絶対仕事できねーじゃん…)などと失礼なことを思いながら着替えを済ませ、更衣室をあとにした。

更衣室を出ると彼は手際よく野菜の仕込みをしていた。

心の中で仕事ができないと言ったことを謝罪しつつ、仕込みを手伝ってるときにある違和感を感じた。

さっきから一言も言葉を発していない。

思ったことをすぐに口にしてしまうならば、彼はいま「ハンバーガーが食べたいなあ…」と言っていなければおかしいのである。

彼はハンバーガーを食べたい人間のフォルムをしている。

どうやら思ったことをすぐに口にしてしまうわけではないらしい。

ではあの更衣室での発言は何だったのだろう。

「知らない人」「自己紹介のあとの素っ気ない対応」「厨房のバイト」「小太り」

いまある情報を集めてどこぞの名探偵よろしく推理していると、ある仮説が生まれた。

彼はもしかすると、知らない人に異常に反応してしまう人間なのかもしれない。

だから自己紹介をしたことで彼にとって私が知らない人でなくなってしまい、急に反応が薄くなったのであろう。

仕事中にバイトの人間としか顔を合わせない厨房のバイトを選んでるのもうなずける。

小太りはあれだ、たぶん体質だ。あと運動不足。

この人渋谷のスクランブル交差点とか原宿の竹下通りとか行ったら大変そうだなと思った。忙しすぎる。

すべて腑に落ちたところで、私は彼を受け入れ、そして共に仕事に励んだ。

バイトを始めて1年経ち、彼もいよいよ大学を卒業だというときに「俺卒業式には出ないよ」とわけのわからないこと言い出すので皆口々に「何でですか?!」と彼を問い詰めた。

そこで私はすべて察して「知らない人いっぱいですもんね…」と声をかけると彼も含めた皆が不思議そうな顔をしてこっちを見てきた。

 本人曰く、卒業式に出ないのは友達がいないから行っても関係ないとのこと。

(まあ、あまり友達になりたいタイプではないよなー、小太りだし。)とまた失礼なことを思いながら「確かにそれなら行っても行かなくても同じですね!」と元気に返事をしておいた。

すると今度は皆びっくりした顔でこっちを見てきた。

もし街を歩いていて急に小太りの人に「あ!知らない人だ!」と言われても、悪い人じゃないのでやさしくしてあげてください。

たぶんハンバーガーをあげたら喜ぶと思います。

おしまい

初めて映画見て号泣した話

人のブログ見てると話題の映画のレビューしてる人けっこう見かけるから俺もやります。

人間のやってることにはわりとなんでも興味を示すゴリラなので。

 

というわけで見てきました、「君の膵臓をたべたい」

そもそもなんでこんなカップルや女子高生たちがSNSで「キミスイ見てきたー!ちょーよかったー!」って言うための映画をわざわざゴリラがひとりで見にゃいかんのかという話なんですが、この前仲のいい人間と遊んだときに「映画館で肩を震わせて泣いた」って言われたんですよ。

 

そんなこと、ある?!

 

(俺も映画館で肩を震わせたい…!!!)

気付いたらカップルとカップルに挟まれて座ってましたね。

そもそも、恥ずかしながら今まで映画を見て泣いたことなかったんですよ。

(この映画を男ひとりで見に行くことの方がよっぽど恥ずかしい的な正論は殺傷能力が高すぎるので控えてください)

(アナ雪を見て最後のハッピーエンドが嬉しすぎてうるうるしたことはあります)

だから、お手並み拝見的なノリで見に行ったんです。

なんなら「え、あれのどこで泣いたん?笑」って言うつもりで見に行ったんですよ。

2時間後、「あれ、生まれたてですか?」ってくらい泣いてました。

(帰りのエレベーターで泣いてたの俺だけでした。チョロゴリラでした。)

 

もうね、すげーかなしかった。

ヒロインの子が死んじゃうんだけど、それがもうすげーかなしかったの。

だからすげー泣きました。

あれだね、感動しましたとかじゃない。

やだーーーー!!死んじゃやだーーーー!!

っていう気持ちでいっぱいでした。

(映画の感想言いたくてこの記事書いてるのに肝心の感想部分の文章がひどいな)

 

次の日も朝からすげー落ち込んでて、まじで全く仕事に手がつきませんでした。

一晩経ってもまだかなしかった。

その日はよかったんだけど、次の日に上司から仕事の進捗状況を聞かれて、ほぼ進んでなかったからクソ怒られました。

んであまりにも進んでなくて、いままでそんなこと一回もなかったからさすがに上司も心配して「なにかあったのか?」って聞いてくるから、もう本当に自然なかんじで「知人に不幸がありまして…」って答えちゃったよね。

ふつうにやべーやつじゃん。

でもさすがに「昨日見た映画をまだ引きずってます。」なんて言ったらクビかなーと思って。

上司に葬儀に参加しなくていいのか聞かれて「もういいんです…」って答えたらすげー困惑してた。

 

みんなさ、明日も生きてる保証なんてどこにもないんだから一日一日を大切に生きようよ。

余命僅かな人も俺たちも、一日の価値は同じなんだからさ!!

(映画見たあととかライブ行ったあととかにみんなへの愛が爆発するタイプのゴリラです)

 

映画見た日の帰り道、伝えられるときに伝えたいことはちゃんと伝えなきゃあとで絶対後悔するなって思って、たまたまLINEのやりとりしてた女友達に「俺はお前のことめっちゃ好きだよ」って伝えたら返事が来なくなりました。

死んじゃったのかな。

 

おしまい

 

ミンカーンは言いました。

はちゃめちゃに夏ですね。

 

なんか、夏って急に来ませんか。

(あれ、もしかして、夏来ちゃってる?)っていうパターンが多すぎる。

音もなく近付いてきて、気付いたときにはもうすでに夏に囲まれてるの。

そんでいきなり「いよいよ夏本番です!」なんて言われちゃって、いくら本番に強い俺でもそれは対応しかねるよー!と毎年思ってます。

 

それに合わせるようにセミとか一斉に鳴き始めるよね。

最初数匹で鳴き始めて徐々にとかなくない?

毎年全セミが一斉にミンミンパターンでしょ。

いや君らどんだけ土の中で打ち合わせしてんの。

やたら土の中の期間長いと思ったらそういうことかよ。

 

とか言ってたら一斉に鳴き止むでしょ。

勤務時間がめちゃめちゃはっきりしてる。

あれなんやろうね、セミの世界は完全に社会主義なんやろうね。

能力給とかないしもちろん残業代もつかないから定時になったら即帰宅ってことなんやろうな。

でもそれってちょっともったいなくない?

絶対力持て余しとるやつとか、味のある鳴き声のやつとかおると思うんよねー。

もっとそいつらが輝ける社会になってほしいじゃん。

 

やっぱセミ界でも民主主義を導入しなくちゃ。

 

「ミンミン(民々)のミンミン(民々)によるミンミン(民々)のためのミンミン(ミンミン)」

 

ミンミンうるせえなあ!!!

 

おしまい

お天気人間の考察

梅雨到来。これからしばらくはぐずついた天気が続きますね。前から思っとったけどこの「天気がぐずつく」っていう表現かわいくて好き。どうせなら晴れの日も「天気の機嫌がいい」とか言えばいいのに。天気予報とかで「ここ数日はご機嫌な日が続くでしょう。」とか言われたら楽しくていいと思うけど。

あとこれも前から思っとったんやけど、イベント事とかで天気がよかったり悪かったりするとよく自称晴れ男や自称雨女たちが出現するけどさ、あの人たちってけっこうずうずうしいよな。晴れた手柄を自分のものにしようとしたり、雨が降ったのを自分のせいにしたり。日頃慎ましく生きとる人間にはそんなことなかなか言えんくない?ふつうじゃないよな。てことは本当に天気を司っとる可能性出てくるじゃん。でも、そうやとしたら曇り男とか曇り女も確実におるはずなのに、全然噂を聞かんのはどういうことなんやろ。

ここからは俺の推測なんやけど、たぶん天気を司る人たちって神様からそれぞれ自分の担当の天気を告げられると思うんやけど、やっぱりそれぞれの天気のカラーに合った人が選ばれると思うんだよね。晴れ担当はポジティブで雨担当はネガティブ。ポジティブだから「晴れた!俺すげー!!!」ってなるし、ネガティブだから「雨。わたしのせい。」ってなるんやけど、気持ちのベクトルこそ違えど両方とも自意識が強いからつい周りに言ってまいがちで、だから目撃情報が多いんやろうな。んで曇り担当なんやけど、彼らは無気力。「くもってんなー」って思っとるだけ。あんまり興味がないから周りにも何も言わない。だから全然曇り男(女)の噂を聞かんのじゃないのかな。

あとは雪担当ね。これもあんま聞かないよね。なんでかって言うと、雪担当はすげーバカなの。もうね、自分が雪担当ってことに気付いてない。バカだから。「雪ですぞ〜!」って言って喜ぶだけ。あと頭にプロペラみたいなのとかつけちゃうし、身体中の毛もすごい。バカだから。でも意外としっかりしてるところもあって、携帯料金を抑えるためにUQモバイル使っとるの。そんなやつなかなかおらんよなー。そんなおもしろいやつおったら絶対テレビ出れるわ。恐竜とかと相性いいんじゃないかな。知らんけど。

おしまい