ロンドンの万能感

遅刻癖が治らない。

もうこれは一生付き合っていく病気なんだと諦めてるんだけど、そもそもこの遅刻癖はいつから始まったのだろう。


思えば社会人デビューの入社初日は遅刻で飾ったし、大学時代は言わずもがな遅刻しかしてない。

高校のときは朝の小テストを受けれたことの方が少なかったし、小学校のときの集団登校の待ち合わせ場所に間に合ったのなんか最初の数日だけ。

保育園のときに至ってはたぶんスクールバスに乗ったことすらない。


そう考えてみると、今まで生きてきて遅刻してない時期がないんだなってことに気付いた。

そもそも遅刻ってそんなに珍しいことなんだろうか。

そんなことないんじゃなかろうか。

遅刻なんて日常にありふれてる。

遅刻とはもはや生活の一部と言っても過言ではないだろう。


例え話をしよう。

遅刻とはすなわち雨だ。

雨は皆に平等に降るが、人によって捉え方が違う。

(うわ雨かよ最悪だ…)と嘆く人もいれば(今日は雨かー)程度にしか思わない人もいる。

これと遅刻はまさに同じなのである。

雨が降るのも遅刻をするも自然の摂理で、誰にも止めることはできない。

ならば降った雨(遅刻した人)にいちいち目くじらを立てずに、甘んじて受け入れようじゃないか!

雨を楽しむくらいの心の余裕がほしいところだ。


とは言っても世の中には全く遅刻をしないタイプの人といわゆる遅刻魔と呼ばれるタイプの人が存在する。

まず遅刻をしないタイプの人。

この人たちはサハラ砂漠だ。

日中は灼熱地獄で夜は氷点下。

雨なんかまず降らないし、生き物なんてほとんどいない。

もう生きにくいったらありゃしない。

次に遅刻魔の人。

この人たちはロンドンだ。

霧の街ロンドン。

雨めっちゃ降る、でもすげーおしゃれ。

雨さえもおしゃれに感じる。

人もたくさん。

どっちがいいかなんて一目瞭然だ。

ビバ・ロンドン!

俺はロンドンを誇りに思うぜ!!


ただしロンドンの人たちは気を付けてほしい。

俺はこの1年ちょいで4回会社に遅刻して、はちゃめちゃに怒られています。

そう簡単には引っ越せないだろうから、あまり濡れないようにせめて傘を持って出かけることをおすすめします。


おしまい