初めて映画見て号泣した話

人のブログ見てると話題の映画のレビューしてる人けっこう見かけるから俺もやります。

人間のやってることにはわりとなんでも興味を示すゴリラなので。

 

というわけで見てきました、「君の膵臓をたべたい」

そもそもなんでこんなカップルや女子高生たちがSNSで「キミスイ見てきたー!ちょーよかったー!」って言うための映画をわざわざゴリラがひとりで見にゃいかんのかという話なんですが、この前仲のいい人間と遊んだときに「映画館で肩を震わせて泣いた」って言われたんですよ。

 

そんなこと、ある?!

 

(俺も映画館で肩を震わせたい…!!!)

気付いたらカップルとカップルに挟まれて座ってましたね。

そもそも、恥ずかしながら今まで映画を見て泣いたことなかったんですよ。

(この映画を男ひとりで見に行くことの方がよっぽど恥ずかしい的な正論は殺傷能力が高すぎるので控えてください)

(アナ雪を見て最後のハッピーエンドが嬉しすぎてうるうるしたことはあります)

だから、お手並み拝見的なノリで見に行ったんです。

なんなら「え、あれのどこで泣いたん?笑」って言うつもりで見に行ったんですよ。

2時間後、「あれ、生まれたてですか?」ってくらい泣いてました。

(帰りのエレベーターで泣いてたの俺だけでした。チョロゴリラでした。)

 

もうね、すげーかなしかった。

ヒロインの子が死んじゃうんだけど、それがもうすげーかなしかったの。

だからすげー泣きました。

あれだね、感動しましたとかじゃない。

やだーーーー!!死んじゃやだーーーー!!

っていう気持ちでいっぱいでした。

(映画の感想言いたくてこの記事書いてるのに肝心の感想部分の文章がひどいな)

 

次の日も朝からすげー落ち込んでて、まじで全く仕事に手がつきませんでした。

一晩経ってもまだかなしかった。

その日はよかったんだけど、次の日に上司から仕事の進捗状況を聞かれて、ほぼ進んでなかったからクソ怒られました。

んであまりにも進んでなくて、いままでそんなこと一回もなかったからさすがに上司も心配して「なにかあったのか?」って聞いてくるから、もう本当に自然なかんじで「知人に不幸がありまして…」って答えちゃったよね。

ふつうにやべーやつじゃん。

でもさすがに「昨日見た映画をまだ引きずってます。」なんて言ったらクビかなーと思って。

上司に葬儀に参加しなくていいのか聞かれて「もういいんです…」って答えたらすげー困惑してた。

 

みんなさ、明日も生きてる保証なんてどこにもないんだから一日一日を大切に生きようよ。

余命僅かな人も俺たちも、一日の価値は同じなんだからさ!!

(映画見たあととかライブ行ったあととかにみんなへの愛が爆発するタイプのゴリラです)

 

映画見た日の帰り道、伝えられるときに伝えたいことはちゃんと伝えなきゃあとで絶対後悔するなって思って、たまたまLINEのやりとりしてた女友達に「俺はお前のことめっちゃ好きだよ」って伝えたら返事が来なくなりました。

死んじゃったのかな。

 

おしまい