来世はフーターズガールになりたい

おすおす。

この前、友達とボルダリングコンに行ってきました。

ボルダリングコンっていうのはあれです、

ボルダリング勢からは「チャラチャラ遊びで壁登ってんじゃねえよハゲ!!」と罵られ、街コン勢からは「あんたたち本当に出会い求めてんの?!やる気ある?!」と非難されるあれです。

 

なんでそんな地雷臭しかしないものに参加することになったかというと、「もし道を歩いてて、めっちゃタイプの人からいきなり求婚されたらどうするか」っていう、常に背後に気をまわしておかないと、いつ後ろから刺し殺されてもおかしくないような会話をしてて、気付いたら申し込んでた、っていうかんじです。

 

ボルダリングコン、まじで想像できなさすぎる。

まあベタなところでいくと、男女で壁を登りながら

「お嬢さん、この掴みやすくてかわいい色の石はあなたにこそふさわしい。わたしにはこの申し訳程度に生えた石で十分です。さあ、遠慮はいらない。お掴みなさい。」

「まあ!なんて紳士なの!好き!結婚して!!」

「おっと、石を掴みに来たつもりが、どうやらあなたの心を鷲掴みにしてしまったようだ。はっはっは。」

ってことなんだろうけど、上手にできるかすげー不安。

 

一抹の不安を覚えながら会場に向かうと、最初にスタッフのお兄さんから「危ないので登るのはひとりずつです」と言われて心配は杞憂に終わりました。

(え、じゃあどこで紳士やればいいのよ…)って思ってるうちにあれよあれよと5、6人のグループに分けられ、スタッフのお姉さんから「じゃあ簡単に自己紹介して、みんなでピンクのコースをやってみましょう!」 と言われ、全然状況が掴めないまま自己紹介タイムに突入しました。

 

これくらいの状況を掴めないやつが壁から生えた石なんか掴めるのかって話なんですが(え、ピンクのコースなの?俺オレンジのとこがいいのに!俺だけ勝手にオレンジのコースやったら怒られるかなあー。)とか思ってたらすでに何人か自己紹介が終わってて焦る焦る。

ここは切り替えて目の前の自己紹介に集中するしかないと思った矢先、女の子が開口一番「奈良県から来ました!」とか言い出すので(そっか奈良かー、、、いやおめえずいぶん遠いとこから来てんな!!!!!)と心の中で荒ぶるカミナリのタクミくんをなだめてる間にラストの自分の番まで来て、結局奈良の女のせいで誰の名前も覚えれずに自己紹介タイムが終了しました。

幸い同じグループに一緒に行った友達もいたので、こっそり(あの女の人なんて名前やっけ?)と聞くと「忘れた。奈良の人ってことは覚えとる。ちなみに隣の人も奈良の人。」と言われて(いや奈良率!!!!!!!)ってなりました。

 

むしゃくしゃしたのでピンクのコースを終えるやいなや「じゃあここからは各自好きなところを登りましょう!!」と言ってひとりでオレンジのコースに一目散に向かいました。

自分のやりたいコースをひとしきりやり終えると、違うグループの上手いお兄さんを捕まえて「お兄さん、あそこの緑のコース登ってよ!自分じゃ絶対できんから誰かがやっとるとこ見たい。」と男の人ナンパしたりして、グループも性別も飛び越える自由奔放っぷりを見せてました。

なのに「同じ色の石じゃないとダメとか無理くない?!もう色無視してもいいでしょ!」とか言ってる女の子には「いやー、ルールは守らんと楽しくないでしょー。」とかほざいてました。

紳士どこ行った。

実際はどう見ても野生のチンパンジーでした。

現実は無情なり…

 

最後に連絡先交換タイムなるものがあったけど、まともに絡んだのはボルダリングが上手なお兄さんくらいだったので(暇だなー)とか思いながら少し離れたところで連絡先を交換する人たちを遠巻きに眺めるはめに。

まじで何しに来たんだこいつ。

そしたら近くに女の人(ボルダリングコンとは関係ない人)が座ってきて、なにやら話しかけてきたので、しばらくその人と会話することになりました。

けっこう話も盛り上がったし、なによりめちゃめちゃかわいかったのでよっぽど連絡先を聞こうかと思ったけど、歳を聞いたら元気に「5歳!」と言われたのでやめておきました。

 

運動したらお腹がすいたので、会場をあとにするとそのままフーターズへ。

フーターズのお姉さんに「2人は今まで何してたのー?」と聞かれたのでありのままを話したら「えー!それって楽しいのー?」って言うもんだから2人で声を揃えて言いました。

 

フーターズの方が100倍楽しい!!!」

 

おしまい