お天気人間の考察

梅雨到来。これからしばらくはぐずついた天気が続きますね。前から思っとったけどこの「天気がぐずつく」っていう表現かわいくて好き。どうせなら晴れの日も「天気の機嫌がいい」とか言えばいいのに。天気予報とかで「ここ数日はご機嫌な日が続くでしょう。」とか言われたら楽しくていいと思うけど。

あとこれも前から思っとったんやけど、イベント事とかで天気がよかったり悪かったりするとよく自称晴れ男や自称雨女たちが出現するけどさ、あの人たちってけっこうずうずうしいよな。晴れた手柄を自分のものにしようとしたり、雨が降ったのを自分のせいにしたり。日頃慎ましく生きとる人間にはそんなことなかなか言えんくない?ふつうじゃないよな。てことは本当に天気を司っとる可能性出てくるじゃん。でも、そうやとしたら曇り男とか曇り女も確実におるはずなのに、全然噂を聞かんのはどういうことなんやろ。

ここからは俺の推測なんやけど、たぶん天気を司る人たちって神様からそれぞれ自分の担当の天気を告げられると思うんやけど、やっぱりそれぞれの天気のカラーに合った人が選ばれると思うんだよね。晴れ担当はポジティブで雨担当はネガティブ。ポジティブだから「晴れた!俺すげー!!!」ってなるし、ネガティブだから「雨。わたしのせい。」ってなるんやけど、気持ちのベクトルこそ違えど両方とも自意識が強いからつい周りに言ってまいがちで、だから目撃情報が多いんやろうな。んで曇り担当なんやけど、彼らは無気力。「くもってんなー」って思っとるだけ。あんまり興味がないから周りにも何も言わない。だから全然曇り男(女)の噂を聞かんのじゃないのかな。

あとは雪担当ね。これもあんま聞かないよね。なんでかって言うと、雪担当はすげーバカなの。もうね、自分が雪担当ってことに気付いてない。バカだから。「雪ですぞ〜!」って言って喜ぶだけ。あと頭にプロペラみたいなのとかつけちゃうし、身体中の毛もすごい。バカだから。でも意外としっかりしてるところもあって、携帯料金を抑えるためにUQモバイル使っとるの。そんなやつなかなかおらんよなー。そんなおもしろいやつおったら絶対テレビ出れるわ。恐竜とかと相性いいんじゃないかな。